So-net無料ブログ作成

グーグル、脆弱性を修正した「Google Chrome 70.0.3538.110」公開 [update]

 グーグルは20日、「Google Chrome 70」の最新安定板「70.0.3538.110」を公開した。対象となるのは、Windows、Mac、Linux、およびAndroid。

 最新のデスクトップ版では、描画をハードウェアで処理するハードウェアアクセラレーションを利用した場合に、GPU(Graphics Processing Unit)で解放したメモリーを使用してしまう問題1件が修正された。深刻度は、4段階中上から2番目の「高」と評価されている。
 Android版では、安定性とパフォーマンスに関する改善が行われている。

 最新版への更新は自動的に行われるほか、デスクトップ版は、メニューの[Google Chromeについて]を選択すると、ただちに最新版の確認とアップデートが行える。

 Macは、Chromeメニューから、Windowsは右端の設定アイコン→[ヘルプ]と進むと選択できる。最新版はブラウザの再起動後に利用できるようになるので、ブラウザを起動したままでいる方は注意していただきたい。

 Android版は、Google Playを通じて配布されている。[Playストア]アイコンを開き、メニュー(≡)の[マイアプリ&ゲーム]の[アップデート]で更新できる。

(2018/11/20 セキュリティ通信)

【関連URL:グーグル】
・Stable Channel Update for Desktop[英文]
https://chromereleases.googleblog.com/2018/11/stable-channel-update-for-desktop_19.html
・Chrome for Android Updat[英文]
https://chromereleases.googleblog.com/2018/11/chrome-for-android-update.html

bnr_300×250.png
<カスペルスキー セキュリティ>月額利用料金最大3カ月無料キャンペーン中!詳しくはこちら|So-net

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。