So-net無料ブログ作成

気象庁の「津波警報発表」を装うマルウェアメールに注意 [ウィルス/不正アクセス]

 気象庁は8日、同庁の津波警報発表を装うメールが不特定多数に送られていると発表した。メールに記載されたリンクには、アクセスしないよう注意を呼びかけている。

 災害関連の話題は、出会い系サイトのキャンペーンによく使われるが、今回のメールは、マルウェア(ウイルス)感染を狙ったもの。送信者を「気象庁」に偽装し、「津波警報発表」という件名でばらまかれた。地震が発生し、3メートル以上の津波が予想されるという内容で、対象地域の一覧のリンクをクリックさせようとする。

 このリンクには、公式サイトの「jma.go. jp」に対し「jma-go. jp」という紛らわしいドメイが使われており、シンガポールのサーバーから「tsunami_regions.scr」をダウンロードするようになっていた。「.scr」は、Windowsのスクリーンセーバーに使われる拡張子で、Windows用のプログラムそのもの。誤って開いてしまうと、マルウェアに感染してしまう。どのような挙動のマルウェアなのかは、現時点では不明だが、うかつにクリックしないよう注意していただきたい。

 リンク先のサーバーは、9日15時現在も稼働しており、類似のメールが再びばらまかれる可能性もあるので、十分に警戒していただきたい。リンク先からダウンロードしたファイルは、安全であるという確証が得られない限り開いてはいけない。

(2018/11/09 セキュリティ通信)

【関連URL】
・気象庁発表の警報等を装った迷惑メールにご注意下さい
https://www.jma.go.jp/jma/press/1811/08c/WARNmail.html

bnr_300×250_危険サイトブロック.jpg
<カスペルスキー セキュリティ>月額利用料金最大3カ月無料キャンペーン中!詳しくはこちら|So-net

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。