So-net無料ブログ作成

アップル、OS XのセキュリティアップデートとSafariの最新版を公開 [update]

アップルは2日、Mac OS X El Capitan(v10.11.6)用の「セキュリティアップデート 2016-001」と、Yosemite(v10.10.5)用の「セキュリティアップデート 2016-006」、Webブラウザの最新版「Safari 9.1.3」を公開した。先週緊急公開されたiOS 9.3.5で修正した危険な脆弱性を修正するので、遅延なくアップデートしていただきたい。

アップデートは、自動更新や通知のクリック、または手動で「App Store」を確認する。Appleメニューから[App Store]を選択し、ツールバーの[アップデート]ボタンをクリックすると、利用可能なアップデートが表示される。

■OS X El Capitan セキュリティアップデート 2016-001/Yosemite セキュリティアップデート 2016-006
 セキュリティアップデートを適用すると、カーネル(システムの中枢部)のメモリーが特定されるおそれがある情報漏えいの問題と、カーネルの特権でコードが実行されるおそれがあるメモリー破壊の問題の2件の脆弱性が修正される。これら脆弱性を悪用されると、システムを完全に乗っ取られてしまうおそれがある。
<関連URL:アップル>
・About the security content of Security Update 2016-001 El Capitan and Security Update 2016-005 Yosemite[英文]
https://support.apple.com/ja-jp/HT207130

■Safari 9.1.3
 Webブラウザの最新版「Safari 9.1.3」では、Webページを表示するレンダリングエンジン「Webkit」で任意のコードが実行されるおそれがあるメモリー破壊の問題1件が修正されている。悪用されると、細工されたWebサイトを閲覧しただけで、マルウェア(ウイルス)に感染するおそれがある。先のOS Xの脆弱性と組み合わさると、攻撃サイトに誘導されるだけで、システムが完全に乗っ取られてしまう。
 アップデートの対象となるのは、OS X Mavericks(v10.9.5)、OS X Yosemite(v10.10.5)、OS X El Capitan(v10.11.6)上のSafari。
<関連URL:アップル>
・About the security content of Safari 9.1.3[英文]
https://support.apple.com/ja-jp/HT207131

(2016/09/02 セキュリティ通信)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。