So-net無料ブログ作成

アップル、OS X/Safari/iOSの最新版公開 [update]

アップルは13日、Mac OS X Yosemite v10.10.5とMavericks/Mountain Lion用の「セキュリティアップデート 2015-006」、Webブラウザ「Safari」の最新版、モバイル端末用OSの最新版「iOS 8.4.1」を公開した。いずれも深刻な脆弱性の修正が含まれている。

■OS X Yosemite v10.10.5、セキュリティアップデート 2015-006

 Yosemiteで100件以上、Mavericksで50件以上、Mountain Lionで30件以上の脆弱性が修正されている。任意のコードが実行されるおそれのある深刻な脆弱性も、多数修正されている。
 アップデートは、自動更新や通知のクリック、または手動で「App Store」を確認する。Appleメニューから[App Store]を選択し、ツールバーの[アップデート]ボタンをクリックすると、利用可能なアップデートが表示される。
・About the security content of OS X Yosemite v10.10.5 and Security Update 2015-006[英文](アップル)
https://support.apple.com/ja-jp/HT205031

■Safari 8.0.8/7.1.8/6.2.8

 Webページを描画するレンダリングエンジン「WebKit」の脆弱性23件など、計27件の脆弱性が修正されている。悪用されるとWebサイトの閲覧中にウイルスに感染してしまうおそれがある、深刻な脆弱性も含まれている。
 アップデートは、自動更新や通知のクリック、または手動で「App Store」を確認する。Appleメニューから[App Store]を選択し、ツールバーの[アップデート]ボタンをクリックすると、利用可能なアップデートが表示される。
・About the security content of Safari 8.0.8, Safari 7.1.8, and Safari 6.2.8[英文](アップル)
https://support.apple.com/ja-jp/HT205033

■iOS 8.4.1

 31のモジュールで71件の脆弱性が修正されている。悪用されるとWebサイトの閲覧中にウイルスに感染してしまうおそれがある、Safariと同じWebkitの脆弱性など、深刻な脆弱性の修正も多数含まれている。
 アップデートは、端末の[設定]アイコンから[一般]→[ソフトウェアアップデート]と進むか、端末をパソコンに接続してiTunes経由で行う。
・About the security content of iOS 8.4.1[英文](アップル)
https://support.apple.com/ja-jp/HT205030

(2015/08/14 セキュリティ通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。