So-net無料ブログ作成
検索選択

実在企業かたるウイルスメール相次ぐ~「請求書」「FAX通知」に注意 [迷惑メール]

 請求書やFAX通知に見せかけた実在する企業をかたるメールが、10月27日頃から不特定多数宛てに大量にばらまかれている。うっかり添付ファイルを開くと、パソコンがマルウェア(ウイルス)に感染してしまう恐れがある。

続きを読む


「注文確認」「複合機からの通知」を装うウイルスメールに注意 [迷惑メール]

 8日、Word文書を添付した迷惑メールが大量にばらまかれた。実在する企業をかたった「注文確認メール」と、複合機から送信されたように装うメールの2種類が確認されている。攻撃者の目的は、パソコンをウイルスに感染させてネットバンキングの認証情報を盗み取ることだ。

続きを読む


今年上半期のサイバー犯罪~標的型メール急増、ネットバンク不正送金被害拡大 [迷惑メール]

 警察庁は17日、今年上半期の「サイバー空間をめぐる脅威の情勢」について取りまとめ、公開した。標的型メール攻撃が急増し、ネットバンク不正送金被害が信金・信組等へ拡大した。まとめでは、サイバー空間の特性を利用した犯罪として、無線LANの乗っ取り、ビットコインの利用など匿名化工作を行っていた事例が特に取り上げられている。

続きを読む


大手通販サービスかたる迷惑メールにご用心 [迷惑メール]

 今月初旬、大手通販サービスからの注文確認通知を装った迷惑メールがばらまかれた。ZIP形式の圧縮ファイルが添付されており、解凍して中身のファイルをダブルクリックすると、ネットバンクユーザーを標的とするマルウェア「WERDLOD」に感染してしまう。

続きを読む


「放置すれば裁判だ、法的措置とる」と脅すメール、最善策は「無視」 [迷惑メール]

「アダルトサイトの料金が未納となっている。放置すると法的措置をとることになる」などと脅すメールやショートメールがばらまかれている。慌てて連絡をとったり、支払い請求に応じたりしてはいけない。

続きを読む


日本年金機構をかたる迷惑メール出回る~「FX口座」勧誘に誘導 [迷惑メール]

 実在する企業やサービスなどを装った成りすましメールといえば、フィッシングや架空請求などの詐欺を真っ先に思い浮かべるかもしれない。ところが、特に成りすます必要のないようなところでも、しばしば成りすましメールが使われる。ユーザーの目に留まるように、あわよくばユーザーが誤認するようにというのが狙いだ。

続きを読む


社名や団体名を模倣した迷惑メールにご用心~「不在通知」「迷惑メール相談」 [迷惑メール]

 セキュリティベンダーのカスペルスキーや、総務省の外郭団体が運営する「迷惑メール相談センター」など、実在する企業や団体とよく似た名称を使った迷惑メールが出回っている。リンク先へ誘導してメールアドレスなど個人情報の入力を求める内容で、うっかり騙されないよう、ご注意いただきたい。

続きを読む


標的型メール攻撃が頻発~ターゲットとする相手の業務上の興味を引く手口 [迷惑メール]

 標的型メール攻撃が頻発しており、警戒が必要だ。東京SOCレポート(日本IBM)は、今年上半期の標的型メール攻撃が前期比で2倍に増加したことを報告している。警察庁の発表資料でも、昨年下半期には減少傾向だった標的型メール攻撃が、今年上半期には増加に転じている。先月30日、理化学研究所は計算科学研究機構の名前をかたる標的型攻撃メールが出回っていることに注意を喚起した。

続きを読む


狙われるメールアカウント~迷惑メール大量送信に悪用 [迷惑メール]

 メールアカウントとパスワード(メールアカウント情報)を乗っ取られ、迷惑メールの大量送信に使われる事例が急増している。思い当たる症状(下記)があれば、メール用パスワードの変更などセキュリティ対策を確認していただきたい。

続きを読む


企業への標的型メール~計1052件を把握、ほぼすべてが外部に接続 [迷惑メール]

 民間企業をターゲットとした標的型メールが、昨年10月から12月までの3か月間で、計161件送付されていたことが、今月1日、警察庁の発表でわかった。昨年4月から9月までの6か月間では計891件の送付が確認されており、昨年中に把握された標的型メールは1052件となった。

続きを読む