So-net無料ブログ作成
検索選択
ウィルス/不正アクセス ブログトップ
前の10件 | 次の10件

さまざまな件名でマルウェア(ウイルス)付き日本語メール拡散中 [ウィルス/不正アクセス]

先週の17日ごろから日本語のマルウェアメールが出回っており、警視庁やセキュリティ企業が注意を呼びかけている。メールは、さまざまな件名で送られており、3日間続いて終息したが、今朝から再びばらまき始めたようだ。

続きを読む


「ポイントが勝手に使われた」――不正ログインによる被害相次ぐ [ウィルス/不正アクセス]

企業が顧客向けに提供しているサービスで、不正ログイン後にポイントを不正利用される被害が昨年12月、相次いで発生した。すべて、何らかの方法で入手したIDとパスワードのリストを使ってサービスへのログインを試みる「リスト型攻撃」によるものだった。



続きを読む


不正アクセス相次ぐ~通販サイトで情報漏えい、便乗フィッシングに注意 [ウィルス/不正アクセス]

昨年末から年初にかけて、不正アクセスの報告が相次いだ。便乗してのフィッシングも発生しており、被害企業が注意を呼びかけている。

続きを読む


不正アクセス相次ぐ~通販サイトでクレカ情報大量流出のおそれ [ウィルス/不正アクセス]

大手通販サイトが不正アクセスを受け、顧客情報が漏えいする被害が相次いでいる。

続きを読む


不正ログイン被害相次ぐ--東北電力会員サイト、ローソン宅配サービス [ウィルス/不正アクセス]

大手企業が顧客サービスを提供するサイトで、不正ログインの被害が相次いだ。いずれも、他社サービスから過去に流出した可能性があるID・パスワードを利用した「パスワードリスト攻撃」によるものとみられ、「パスワードの使いまわし」を見直すよう注意が呼びかけられている。

続きを読む


不正送金ウイルスメール情報を警視庁が事前キャッチ、Twitterで注意喚起 [ウィルス/不正アクセス]

警視庁は7日、マルウェア(ウイルス)添付メールの配信を早期に把握し、件名や本文などの情報を提供して注意を促す「早期警戒情報」サービスを開始した。情報は警視庁と警察庁の公式Twitterアカウントで配信されるほか、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)のサイトからも発信される。

続きを読む


Windowsに「重要」レベルのゼロデイ脆弱性、情報公開で危険高まるおそれ [ウィルス/不正アクセス]

グーグルは1日、Adobe Flash Playerのゼロデイ攻撃に併用されていた、Windowsのカーネルの未修正の脆弱性情報を公開した。マルウェア感染の引き金となるFlash Playerの脆弱性を解消していれば、この脆弱性の悪用には至らないが、悪用されると感染被害が甚大なものになるおそれがある。

続きを読む


「マルウェア駆除活動」便乗マルウェアメールに注意~従うとランサムウェアに感染 [ウィルス/不正アクセス]

総務省と一般社団法人ICT-ISACは10月31日、マルウェア感染の注意喚起と除去ツールの配布を行うACTIVE活動の偽メールが出回っているとして、注意を呼びかけた。指示に従って除去ツールを実行すると、マルウェアに感染するという。

続きを読む


マルウェア添付メールが拡散、国税庁やネットショップかたるものも [ウィルス/不正アクセス]

10日頃から、マルウェア(ウイルス)を添付したメールがばらまかれている。国税庁やネットショップをかたるもの、発注依頼書を装ったものなどがあり、添付ファイルを開かないよう注意が必要だ。

続きを読む


Google Playで「ポケモンGO」関連マルウェア発見、巧妙な「検知逃れ」 [ウィルス/不正アクセス]

7月に配信開始され、いまも根強い人気の「ポケモンGO」を標的としたマルウェア(ウイルス)が、Android端末用アプリの公式マーケット「Google Play」で発見されたとして、セキュリティベンダーのカスペルスキーが注意を呼びかけている。現在は削除されており、日本のデバイスへの感染は確認されていないが、今後、日本語を対象とした類似のマルウェアが出現する可能性もあり、警戒が必要だ。

続きを読む


前の10件 | 次の10件 ウィルス/不正アクセス ブログトップ