So-net無料ブログ作成
検索選択
ウィルス/不正アクセス ブログトップ
前の10件 | -

請求書メールに注意、添付ファイルでマルウェア感染 [ウィルス/不正アクセス]

添付ファイルを開かせてマルウェア(ウイルス)に感染させようとする、請求書を装うメールが不特定多数にばらまかれているとして、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)などが30日、注意を呼びかけた。時を同じくして、アップルを装うマルウェアメールも大量に舞い込んでいる。

続きを読む


うっかり操作でマルウェア感染、IPAが文書ファイルの新たな悪用手口を解説 [ウィルス/不正アクセス]

 情報処理推進機構(IPA)は7月27日、2017年4月~6月のサイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)の運用状況を公表した。その参考資料として、多発している文書ファイルを悪用したマルウェア感染の新たな手口を紹介している。

続きを読む


日本郵便など騙るマルウェアメールに注意――添付ファイルで不正送金ウイルス感染 [ウィルス/不正アクセス]

 添付ファイルを開かせてマルウェア(ウイルス)に感染させようとするメールが、相変わらず不特定多数にばらまかれている。日本サイバー犯罪対策センター(JC3)からは注意喚起が出ていないためか、話題になっていないようだが、引き続き警戒していただきたい。感染すると、ネットバンキングの不正送金被害に発展するおそれがある。

続きを読む


猛威ふるうランサムウェア、国内上陸前に対策を [ウィルス/不正アクセス]

 27日の夜から、欧州を中心としたランサムウェアの感染拡大が報告されている。これまでのところ日本国内での被害報告はないようだが、国内のセキュリティ機関や企業も相次ぎ注意を呼びかけている。

続きを読む


ランサムウェアの被害拡大、今すぐWindows Updateとバックアップを(IPA) [ウィルス/不正アクセス]

 今月12日頃から世界各国でランサムウェアの被害拡大が報じられている。Wanna Cryptor (WannaCrypt, WannaCry, WannaCryptor, Wcryなど)と呼ばれるマルウェアで、感染すると端末のファイルが暗号化され、元に戻すために金銭を払えと要求してくる。

続きを読む


サーバーソフトの欠陥でクレカ情報など流出――不正使用630万円 [ウィルス/不正アクセス]

 3月に判明したサーバーソフトウェア「Apache Struts 2」の脆弱性攻撃で、新たな被害が判明した。最大15万5千件の個人情報が流出したおそれがあり、これまでに197件、630万円のクレジットカード不正使用が確認されたという。

続きを読む


2016年の不正アクセス――検挙事件数は過去最多、狙われる「甘いパスワード」 [ウィルス/不正アクセス]

 警察庁は3月23日、2016年の不正アクセス行為の発生状況を発表した。認知件数は前年に引き続き減少したが、検挙件数は増加を続けており、検挙人員と検挙事件数は、不正アクセス禁止法施行後最多となった。

続きを読む


2016年のサイバー犯罪――「不正送金」減少、検挙数・相談件数は過去最多 [ウィルス/不正アクセス]

 警察庁は3月23日、2016年度の「サイバー空間をめぐる脅威の情勢等」について取りまとめ、公開した。インターネットバンキングによる不正送金被害が前年を下回ったものの、ほかはおしなべて増加傾向にあり、サイバー犯罪の検挙数、相談件数ともに過去最多を記録した。

続きを読む


不正アクセスで情報流出 日本郵便、沖縄電力、2社のオンラインショップ [ウィルス/不正アクセス]

 不正アクセスによる情報流出の報告が相次いだ。日本郵便と沖縄電力では、「Apache Struts2」の脆弱性を突かれて個人情報が流出した。これとは別の原因による流出も2件、明らかになっている。

続きを読む


IPA、ランサムウェアの脅威と対策をまとめたレポート公開 [ウィルス/不正アクセス]

情報処理推進機構(IPA)は23日、レポート「ランサムウェアの脅威と対策」を公開した。ファイルや端末を人質に金銭を要求するマルウェア(ウイルス)であるランサムウェアについて、「ランサムウェアの脅威」「感染事例」「対策」の3部構成でまとめている。

続きを読む


前の10件 | - ウィルス/不正アクセス ブログトップ