So-net無料ブログ作成

アイコンやファイル名に騙されないために―「拡張子」「種類」を表示する方法 [トラブルの予防]

標準設定のWindowsは、ファイルの拡張子や種類を表示しないため、アイコンやファイル名にだまされて、マルウェア(ウイルス)を実行しかねない。何を開こうとしているのかが判別できるように、拡張子やファイルの種類の表示方法を知っておこう。

■ファイルの拡張子を表示する

 拡張子の表示設定は、[フォルダーオプション]などで変更できる。
 [フォルダーオプション]の開き方は、コントロールパネルから[フォルダーオプション]または[エクスプローラーのオプション]を開く。Vista/7のWindowsエクスプローラーで、[整理]→[フォルダーと検索のオプション]を選択する。Vista/7のWindowsエクスプローラーで、メニュー(表示されていない場合は[Alt]キーを押す)の[ツール]→[フォルダーオプション]を選択する。8.1/10のWindowsエクスプローラーで[表示]→[オプション]を選択するなどの方法がある。
 フォルダーオプションを開いたら、[表示]タブをクリックし、一覧の中にある[登録されている拡張子は表示しない] のチェックボックスをオフにすると、拡張子が表示されるようになる。オンにすると非表示だ。
 Windows 8.1/10のWindowsエクスプローラーの場合は、[表示]のリボンにある[ファイル名拡張子]のチェックボックスのオン/オフで、表示を簡単に切り替えることもできる。

■ファイルの種類を表示する

 ファイルの種類は、Windowsエクスプローラーのフォルダーの表示方法を[詳細]にすると、[種類]の項目に表示されるようになる。詳細表示で[種類]の項目が表示されない場合には、ファイル一覧の項目名のところで右クリックし、項目のコンテキストメニューを表示。メニューの中の[種類]のチェックマークをオンにすると、表示項目に[種類]追加される。

■設定を同種のフォルダーの規定値に

 変更したフォルダーの表示方法は、[フォルダーオプション]の[表示]タブにある[フォルダーに適用]ボタンをクリックすると、同じ種類のフォルダーすべての規定値に適用される。
 フォルダーの種類は、中のファイルをWindowsが自動的に判断し、「全般(一般項目)」「ドキュメント」「ピクチャ」「ミュージック」「ビデオ」の5種類に分類したもので、それぞれの種類に応じた表示が初期設定されている。設定されているフォルダーの種類の確認や変更は、フォルダーのプロパティで行える。
 フォルダーを選択し、右クリックで表示されるコンテキストメニューなどから[プロパティ]を選択。[カスタマイズ]タブをクリックすると、[フォルダーの種類]で設定の確認・変更が行える。

■危険なファイルの拡張子と種類

 マルウェアが使われる主なファイル拡張子と種類には、次のようなものがある。これらは、開くと危険なプログラムが実行されるおそれがある。

拡張子 種類
.exe アプリケーション
.com MS-DOSアプリケーション
.bat Windowsバッチファイル
.cmd Windowsコマンドスクリプト
.pif MS-DOSプログラムへのショートカット
.scr スクリーンセーバー
.vbs VBScriptファイル
.vbe VBScript Encoded Scriptファイル
.js JavaScriptファイル
.jse JScript Encoded Scriptファイル
.wsf Windows Script ファイル
.wsh Windows Script Host 設定ファイル

 マルウェアの格納に使われる主なファイル拡張子と種類には、次のようなものがある。これらは、中に危険なプログラムが含まれているおそれがある。

拡張子 種類
.zip 圧縮(zip形式)フォルダー
.lzh 圧縮(LZH形式)フォルダー
.cab キャビネットファイル

 Windowsの標準サポートではないが、このほかにRAR形式(.rar)の圧縮フォルダーもマルウェアの格納によく使われる。また、Microsoft Officeなどのプログラミング機能を備えたアプリを使い、文書ファイルに仕掛けることもある(マクロウイルスと呼ばれる)。これらは、開くと直ちに危険なプログラムが実行されるようなことはないが(アプリの設定次第では実行される)、操作を誤ると感染につながる。

(2016/02/25 セキュリティ通信)